アメリカのおすすめの家とは

アメリカのおすすめの家といえば、色々あるかもしれませんが、日本人が納得してくれる家といえば、まずは、学区が良くて治安が良い所でしょう。

この2つは必ずセットとしてくっついていますので、学区が良い場所をまずは見つけるのが先決です(幼稚園年長(満5歳)から高校4年生(日本の高校3年生)までがアメリカの義務教育ですので、この通年の学区の良さがマスト)。

そして、できるだけ新しい家です。

そもそも、アメリカの特に都心部に家を買おうとしている人は、日本と違って注文住宅での新築物件はなかなかないので手に入りません。

ですので、できるだけ築年数が低いものを選ぶのですが、それでも、50年を超えているものが多く、中をあけてみると、配管がもうだめになっているものだったりすることがよくあります。

そのため、できるだけ新しい築年数の家を購入して、問題を防ぐようにするということがベストとなりますが、それ以外に、その場所の管理費、税金などをチェックして、お得なものを選びましょう。