輸入住宅は大きく見えるところが良い

住宅街を見て歩いていると、たくさんのいろいろな家を見ることができて楽しいですね。その時、ちょっと違う家があるととても興味を持ってみることができます。その時、日本の住宅は大体どれも同じような感じだと思うことがありませんか?特に日本住宅と言われる作りは、昔からの慣れている住宅というそんな感じがしていました。

そしてちょっと違う、ひときわ目を引くという住宅として輸入住宅があります。その違いについては、日本の住宅よりも大きく見えることがありますね。特に大きいと思えるのは、なんと言っても屋根です。屋根が日本の住宅のように平たい感じではなくほとんどの輸入住宅は、とんがっているような家が多いと思っていました。

その印象があるので、通常の家よりも大きく見えるんですね。そしてそれは外観だけではなく、部屋の中も広いと思うことがあります。特に気持ちがいいのは、部屋の広さとその天井の高さです。天井が高いので開放感があります。